無痛分娩を考えるクチコミ情報サイト

書き込むには facebook IDでログインします。
メールマガジン

ママになる日が毎日楽しみになる!
メールを受け取るたびにママになる実感を感じられる!

現在の経過(○週目)にピッタリのメールマガジンです。
(広告は一切入りません)

メールアドレス

あなたの経過に合わせた内容をお届けしますので、最後の生理日をご記入ください。
最後の生理が始まった日(西暦)  

無痛分娩の基礎知識

みなさんは【無痛分娩】という言葉をきいたことがありますか?【無痛分娩】とは、文字通り「痛みを無くして分娩(出産)すること」を目的とした分娩方法です。では、【無痛分娩】とはどのようなものか、まずは基本的なことをみていきましょう。

分娩(出産)痛みとは何か

分娩とは、強い陣痛とともに子宮口から産道を通って赤ちゃんが出て来ることをいいます。昔から「産みの苦しみ」という言葉がある通り、この時の痛みは非常に強く、そして長く続く辛いものといえるでしょう。経産婦さんであれば比較的短いともいわれますが、短くても数時間、長い人ならまる2日ほど、この痛みに耐えなくてはいけません。人生において、これだけ強い痛みを長く感じることは、他には無いかもしれません。

ところでこの分娩時の痛みとは何でしょう。陣痛という言葉を使いますが、これは主に「赤ちゃんを外へ出そうとして、子宮が強く収縮する時の痛み」や「赤ちゃんが通るために産道が拡がる時の痛み」です。子宮の収縮する力や、子宮口や産道の拡がり方、産道の軟らかさなど、赤ちゃんの大きさなどにより、陣痛を感じる時間や強さが変わってきます。痛みの感じ方も人それぞれですので、気絶するほど痛いと感じる人、いつの間にか産まれてたという人、色々なケースがあります。

分娩の痛みを無くす方法?

では、無痛分娩の仕組みをみてみましょう。

分娩の時が近づくと、子宮は少しずつ収縮を始めます。少し収縮して、しばらく休む、という動きをくり返し、だんだんと収縮する力が強くなり、休む間隔も短くなってきます。さあいよいよ赤ちゃんが出ますよ、という時になると、子宮口は最大まで開き(子宮口開大)、産道もいっぱいまで拡がります。この頃になると、痛みで我を忘れるほどです。これらの動き=陣痛による痛みは、背中にある脊髄を通って、すべて脳に伝わります。脳が痛みをキャッチして、母体も「痛い!」と感じています。

無痛分娩とはこの脊髄を通る「痛み」を和らげる分娩方法です。具体的には、背中から、硬膜外腔とよばれるところへ専用の細長いチューブ(硬膜外カテーテルといいます)を通します。このチューブから少しずつ麻酔薬(痛みを抑える薬)を入れ、硬膜を通じて麻酔薬を脊髄に作用させることで、腰から下の感覚をにぶくさせます。しかし、それより下の足を動かすことは出来ますし、感覚を全て麻痺させるわけではありませんので、子宮が収縮する「感覚」や、赤ちゃんが産道を通ってくる「感覚」は残っています。

硬膜外カテーテルを使用した無痛分娩の場合、全身の感覚をすべて麻痺させるいわゆる全身麻酔とは違い、下半身だけに効く「痛みを止める」麻酔ですので、麻酔薬による赤ちゃんのへの影響はとても少なくなります。お母さんの意識もはっきりしていますので、分娩直後に赤ちゃんと対面することもできます。

無痛分娩の実際

欧米では多くの場合、分娩には何かしらの痛み止めが使われ、現在では「硬膜外カテーテルを使用した無痛分娩」が最も一般的であるといわれています。アメリカでは全出産数のうちおよそ2割帝王切開ですが、「硬膜外カテーテルを使用した無痛分娩」は全出産のおよそ6割で行われている分娩方法だといわれています。

硬膜外カテーテルを使用した麻酔は、日本でも外科手術、例えば胃癌で胃を切除する手術や、肝臓、大腸などの手術でも広く行われている麻酔方法です。ただ、無痛分娩は基本的に麻酔科医が行う麻酔を必要とし、産婦人科医だけで対応できる一般的な分娩とは違うため、日本ではあまり知られていないのが現状です。