無痛分娩を考えるクチコミ情報サイト

書き込むには facebook IDでログインします。
メールマガジン

ママになる日が毎日楽しみになる!
メールを受け取るたびにママになる実感を感じられる!

現在の経過(○週目)にピッタリのメールマガジンです。
(広告は一切入りません)

メールアドレス

あなたの経過に合わせた内容をお届けしますので、最後の生理日をご記入ください。
最後の生理が始まった日(西暦)  
無痛分娩 YES or NO [全て] » 無痛分娩クチコミを書く

意見 肯定的 (出産時36才)

費用は多少かかりますが、私はその分、個室で泣く大部屋にしたり新館ではなく旧館の病室にしたりで節約してでも無痛分娩を選択してよかったと思っています。

体力的に自信がなかったこともあり、無痛分娩と決めて産院探しをしました。賛否両論あるので、両方の両親へは早めに知らせて理解を求めておきました。
出産時の体力の消耗を軽減することにより、得られる最大の利点は、赤ちゃんの誕生の瞬間を素直に最大限喜びと幸せの感情で満たすことができるということです。苦痛に耐えたどり着いたその瞬間「やっと終わった」という感情が覆いかぶさることもなく。
次に、産後の体が楽だということ。産後1週間もしないで横になって一日を過ごす必要はなくなり、日常生活を送ることができました。

私のような高齢出産の方には特に、無痛分娩をおすすめしない理由は見つかりません。

4人中4人が参考になったと言っています。
この投稿は参考になりましたか? 

意見のグラフを見る
イーナミマソ チエ、ニ、ホ・レ。シ・ク、ヒエノヘイ靂フ、ォ、鮓ヲトフ・リ・テ・タ。ヲ・ユ・テ・ソ、タ゚ト熙ヌ、ュ、゙、ケ。ェ
。ヤイーナミマソ。ユ

ソス、キフ、エ、カ、、、゙、サ、。」・キ・ケ・ニ・爨ヒフ萃熙ャ、エ、カ、、、゙、ケ、ホ、ヌ。「サエヨ、テヨ、、、ニコニナル・「・ッ・サ・ケ、、ェ、ヘ、ャ、、テラ、キ、゙、ケ。」
ヌリキハソァ。ヲハクサソァ、ハ、ノ、箒ノヘイ靂フ、ヌタ゚ト熙ヌ、ュ、゙、ケ。ェ
(C) flexible 2013