無痛分娩を考えるクチコミ情報サイト

書き込むには facebook IDでログインします。
メールマガジン

ママになる日が毎日楽しみになる!
メールを受け取るたびにママになる実感を感じられる!

現在の経過(○週目)にピッタリのメールマガジンです。
(広告は一切入りません)

メールアドレス

あなたの経過に合わせた内容をお届けしますので、最後の生理日をご記入ください。
最後の生理が始まった日(西暦)  

無痛分娩の副作用とリスク

分娩時の痛みをかなり和らげてくれる【無痛分娩】ですが、本来の分娩では使用しない「麻酔薬」を使う方法ですし、医療行為であるため、それなりの副作用やリスクが考えられます。ここでは、【無痛分娩】の副作用とリスクについてみてみます。

一般的な副作用とリスク

一般的な副作用として、硬膜外麻酔による副作用があります。麻酔薬は一般的な外科手術でも使用されるものですので安全性は高いものです。しかし中には、血圧が急に低下することがあり、分娩中に気持ち悪くなることがあります(吐き気がする)。多くの場合は、点滴注射などで対処できます。また麻酔薬による作用の1つとして、身体がかゆくなることがあります。その他、硬膜外カテーテルを入れた背中の部分の痛みがしばらく残ること、麻酔後から数日間は軽い頭痛が残ることがあります。硬膜外カテーテルは背中に固定しますので、皮膚が弱い人の場合は固定したところが軽い炎症を起こすこともありますが、こちらもお薬で対処できます。さらに、下半身の痛みを感じにくくなることから、不自然な姿勢になったり、普段は入れないような力を入れてしまうことで、腰や足、かかとなどに軽い痛みが残ることがあります。

リスクとしては、分娩する時の出血が増えることがあります。また、痛みを感じる神経以外の運動神経にも麻酔が効いた場合、陣痛が弱くなり(微弱陣痛といいます)、鉗子分娩(専用の道具を使って赤ちゃんを引っ張り出すこと)や吸引分娩(赤ちゃんを吸い上げるような器械を使って引っ張り出すこと)になることがあります。

稀な副作用とリスク

【無痛分娩】で使用する硬膜外カテーテルは、背中から硬膜を通じて挿入しますが、この時、医師は実際に硬膜そのものを見ているわけではありません。専用の針を刺す時の、指先への感覚などが頼りです。とても熟練した麻酔科医による手技ではありますが、ごく稀に、硬膜よりもさらに奥にある「くも膜下腔」というところへ硬膜外カテーテルの先端が入ってしまうことがあります。「くも膜下腔」に麻酔薬が入ると、麻酔は上半身まで拡がってしまうため、呼吸が苦しくなる、足に力が入らなくな、一時的に意識が遠のく、といった症状が見られます。また、硬膜外カテーテルが血管に入ってしまうことがあります。その場合は局所麻酔薬中毒を起こし、唇や舌がしびれたり、中には痙攣(けいれん、ひきつけ)を起こす人もいます。